ゆるゆらの三つのツールとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悪性リンパ腫と診断されて、パニック障害を発症した私が
出逢った三つのツールについて書いておきます。


太極拳  動の中の静、静の中の動
多分、新聞のチラシで見つけたのではないかと思います。
初めはパニック障害や不定愁訴の緩和が目的だったと
思うのですが、続ければ続けるほど、奥が深いものだと
感じています。
三つのツールの中では、最初に巡り合ったもので、
経験も10年以上だと思います。


  陰陽 極まれば転ず
一般的には易経と呼ばれているものですが、私は単純に易と
読んでいます。
こちらも、偶然、易のことを知っている方と巡り合って、
きっかけを与えていただきました。
少し教えてもらって、後は独学で学んでいます。

瞑想  今に留まり、今に囚われない

瞑想との出逢いも、偶然だったのですが、私が求めるものを
教えてもらえる師に出逢うまでは、紆余曲折がありました。

瞑想は太極拳とも通じるものがあると私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする