千光寺御開帳、秘仏のご利益?瞑想したら不思議体験!!①

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事

私は飛騨千光寺で、臨床瞑想法を学んで、
今は太極拳や易の概念も使いながら、
瞑想をおしえるようになったのですね。

瞑想のなんたるか?という話は、今回は
置いておいて、久しぶりに瞑想で深いところへ
入っていって不思議な体験をしたのです。

忘れる前にアウトプットしておこうかと
思っています。

10月26日(土)から11月3日(日)まで、
千光寺では7年に一度のご本尊さまの
御開帳が行われているのですよ。

日頃、本堂でお参りしている千手観音さまは、
前立ちの本尊さま。

今回、公開されたのは、1寸8分の小さな秘仏!

この秘仏のご利益なのですかね?
10月27日(木)お仲間と連れ立って、
早朝から千光寺へ向かい、瞑想をしたら、
久々に不思議体験をしました。

ありがたいことです。
秘仏のご利益、この期間は、日に何度も
法要が行われ祈りの空間になっているので、
気がいっそう良かったのかもしれません。

千光寺の山中に、愛宕堂という建物が
あります。
1回目は、この愛宕堂での瞑想。

私はこの場所が大好きで、千光寺へ行くと、
ここへ来て、太極拳をしたり瞑想をしたり
して時間を過ごすのですね。

ここで、好きな木を見つけて、その木に
触れて、そこから瞑想を始めます。
(今回は、この旅を主催してくださっている方が
いらっしゃいます)

私は愛宕堂の裏にある、節がいっぱいある木が
気になったので、こちらの木の前で瞑想。

木を眺めて、触れて、感じて・・・。

そこから、ちょっとだけスワイショウを
やって身体をゆるめて、立ったままの
站樁功風瞑想!

ここから、さて深い呼吸を7回して、
瞑想の準備をしようと目を閉じたら、
いきなりストンと瞑想状態に突入!

自分でもビックリ!

瞑想を始める前、顕在意識で考えていたのは、
この木の未来を見てみよう!
ということだったのですが・・・。

木のウロのようなものが見えてきて、
その中に仏像のようなものが見えるのですね。
多分、木でできた仏像・・・。
ウロの中なので、薄暗くてはっきりは
見えないのです・・・。

そして、ウロの中から道がつづいていて、
進んでいく・・・。

なんとも言えない不思議な世界・・・。
暗いところから少しづつ明るくなっていく感じ。

その後、じゃぁ、この木の過去はどうなんだろう?
と思ったら、ふうっとやっぱり仏像のような
ものが見えてきたのです。

先ほどの、ウロの中の仏像は小さくて、
多分、座っている感じ。

今回は、立っている仏像で、千光寺の本堂へ
行く途中にある仏像のように、後ろに輪が
あったのですね。
それ以外の部分は、はっきりとわからない・・・。

でも、先ほどのイメージよりは、
明るい感じがするのですね。

ここで瞑想は終わり・・・。

その後、どんな瞑想だったかをシェア。
みなさん、それぞれに深い瞑想をしていた模様!

瞑想というと「無」にならなければ!!
と思っている方が多いと思うのですが、
瞑想にはいろんなパターンがあると思うのですね。

今回は樹木瞑想一種で、本来の目的は、
木を感じてみる、目の前の木を自分の中に、
自分が木の中に・・・。
というようなイメージで行なうはずだったのですが・・・。

まぁ、私の場合、いきなり不思議な世界へ
行ってしまった感じですね。

これを観察し洞察へと導いていくのです。
ここからは、個人的なことなのでブログには
書きませんが、本当に不思議な体験でした。

ここに書かなかった洞察の部分、
これが今後の私の未来というか、
やりたいことなのではないかなぁと
思うのですね。

ただし、そのイメージがあるだけで、
具体的な方法がわからない・・・。

これを顕在意識でやっていくということ
なのでしょうかね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする