「どうして私のことがそんなにわかるの?」と言われるので理由を考えてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事

その人とは、何度かセッションをしていたのですね。
近頃の私は、太極拳をおしえるだけでなく、
一緒に瞑想をしてみたり、セッションをしてみたり・・・。
ということが自分にできるか試しているのですね。

何度か瞑想をして、セッションをして、
話を聞いて、それに対して私が問いかけるのですが、
その問いかけに対する言葉が出てこない・・・。

「その先は、どうなっているの?」

目標を立てた。
それを実践してみた。
それが達成できた。
達成した先は、どうなっているの?どうなっていたいの?

日を分けて、問いかけてみたけれど
言葉がみつからないようなのですね。

じゃぁ、どうしたらいいんだろう?
と、私も頭をひねって、手法を変えてみたのですよ。

まず、問いかけを見える化してみました。
具体的にはA4用紙に、問いかけを文章で書きます。

その問いかけについて、考えてもらいます。
考え方については、事前にレクチャーしておきます。

問いかけた文章の返答を書いてもらいます。

その答えを聞きながら、そこから再度、
問いかけをして、その答えについて深堀りを
していきます。

答えに詰まったときは、角度を変えて問いかけをします。
そうすると、見えてくる答えがあったりするのですね。

で、そこからが私の本領が発揮される部分で、
これが私にしかできないことなんだなぁと
再認識したのですね。

私は相手の気持ちに同調というか、
わかりやすく言うと同期することができるんじゃない?

ということなのですね。

念のために書いておきますが、人の気持ちが
読めるとかではないですよ!

クラウドに上げたファイルについて、
同期できる能力があるのではないか?

クラウドに上げたファイルというのは、
相手の人が語った言葉ですね。

その言葉や思いに同期できる。
同じように感じることができるってことですね。

だから、そこにある喜びとか不安とかモヤモヤを
同じように感じることができるわけです。

その感じたことを、私が言葉にすると
「どうして私のことが、そんなにわかるんですか?」
という言葉になるんですね。

これは、ケアマネをやっているときにも
言われたことなのですね。

ケアプランを作るために利用者さんの話を聞いて、
課題をみつけてケアプランに落とし込む。
ケアプランの「利用者及び家族の生活に対する意向」や
「総合的な援助の方針」の欄に、そのことを書くわけです。

そして、同意を得られるかケアプランの説明を
するわけですが、その説明をしていると利用者さんが
「まさしく、そのとおり!!」
と言うんですね。

で、何が伝えたいかと言うと、私と話してみると、
モヤモヤがはっきりするというか、何をやったらいいか、
どんな風にやったらいいかがはっきりするらしいんですね。

「頭の中が整理された!」
と相手の人は言っていましたが、
多分、違います(笑)

気持ちというか、感情というか心の中のモヤモヤが
ハッキリするんだと思うんですね。

ここが、ハッキリと認識できることで、
頭というか頭脳というか、脳みそというか、
まぁ、司令塔の司令が適切になるわけです。

何をやったらいいか司令を出したくても、
目的がハッキリしなければ、適切な司令は
出せませんよね。

例えば、カーナビを設定する場合を考えてみると
わかりやすいと思います。

どこかに出かけて、何かをやる目的があるとします。
まずは、その場所を目標設定しますね。
あとは、高速を使うか使わないか、それによって、
必要な時間が変わってきます。

トイレや休憩などの寄り道は、どのあたりにするか?
これも、なんとなく考えておいた方がいいかもしれませんね。
混んでいるサービスエリアだと車が停められないかもしれませんし、
トイレに予想以上の時間がかかるかもしれません。

時間に余裕があれば、下道で行くかもしれません。
そうなると、高速とは違うことに気を配らなければ
いけないかもしれませんね。
渋滞や工事中の情報は、高速ほどしっかり入ってきません。
その場所に近くならないとわからないことが
たくさんありますね。

思わぬところで工事をやっていて、思った以上に
渋滞が長くて、カーナビの到着時間を見ると、
到着予定時間をオーバーしています。

こうなると、どうしたらいいか、すぐに答えがみつからず、
頭がパニック起こしそうになりますね。

この頭ばパニックになる原因が、気持ちのあせりや、
心の在り方だったりするわけですよ。

ここを私が同じように感じて、言葉にすることで、
自分の気持ち、心の中をわかってくれたと思うのではないかと
私は思うわけです。

私のこの才能というか、能力は見えにくい能力なので
自分でも認識できていなかったわけです。

いろいろ試してみて気がついた能力だったのですね。
これを役立てたいと思っているのですが、
今のところ、どのように役立てたら良いか
わからないのが悲しいところです。

来年は、そのための良い方法がみつかるといいなぁと
思っているのですよ。
心と身体と考え方を調えて、一致させることが
生きていく上では必要だと私は思っているのですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする