全く自分がどうすることもできないことで、怒るのをやめてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事

過去の私は、全く自分に関係のないことで
怒っていたような気がするのですよ。

例えば、お店に何かを買いに行って、
その何かが無かった時に怒ってた。
「なんで売ってないの?いつもは売ってるのに!」

ようするに売り切れになっていることに
怒っていたわけですよ。

でも、よく考えてみると「売り切れ」というのは
私にはどうしようもないことなのですよ。

お店側にしたところで、売り切れになることを
想定していないかもしれないですね。

たくさんあった商品でも、一気に買う人が
増えれば、無くなってしまいますね。

その無い商品に対して、怒っても仕方が
ないわけです。

怒ったからと言って、その商品がどこからか
生まれてくるわけでもないですね。

売ってなければ、すぐに諦めて次の方法を
探したほうが良いことに、今頃になって気づいたのですよ。

すぐに必要なものならば、他のお店を探すとか、
今日は必要なければ、別の日に買うとかね。
その時は、お店の人にいつぐらいに入荷予定か
聞いておけば、もっと確実ですね。

自分にどうすることもできないことで、
怒ってみても、何も結果はかわりません。

そこで怒ると自分の感情が高ぶって、イライラして
前回、書いたようなイライラな出来事が
連鎖するようになってしまうのですね。

この現象、ホント不思議???

そして、近頃、もう一つ興味深い現象が
起きるようになってきたのですよ。

欲しいと思って買いに行ったものの、
最後の一個が、ちょうどよく残っている!

先日も、梅干しを漬けるのに、お塩が必要だったので
買い物のついでに買おうとしたら、私がいつも使っている
お塩が最後の一個だけ、残っていて買うことが
できたのですよ。

これって、ちょっとタイミングが悪かったら、
最後の一個を誰かが買って、私は売り切れ
場面に遭遇して、最初に書いたみたいに
怒っているかもしれませんよね。

ちょっとだけ、自分を変えてみると、
周りに起きる現象が変わってくるっていうことを
最近は、頻繁に体験するようになってきたのですね。

これって、令和になったから?
令和になって、平成と違う現象、起きてるんじゃない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする