商業出版するためにエージェントの方と面談したら、一瞬で読ませる文章の技術がわかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事

「伝えたい」から「読みたい文章」
「言いたい」から「知りたい」へ転換させていくのが
第一歩ということがわかったのですよ。

先日、出版エージェントの方と面談する機会が
あったのです。
日本にそのような会社があり、仕事として
成り立つの?というのが私の率直な疑問、
そして好奇心が湧いたので、意を決して東京まで
行ってきたのですよ。

なんでも仕事になって、お金になるんだ!

無料の面談だったので、費用は交通費ぐらい。
1時間ちょっとの面談で、数々のヒントをもらった
のですよ。

私の書いてる文章は、私が「伝えたい」ことを
書いているのが基本なのですね。

それを・・・。

「伝えたい→読みたい」
「言いたい→知りたい」

に変換させて書くのがポイントなのですよ。
目からウロコです!
私が伝えたいこと、言いたいことを書いているので、
私のブログは読まれてないのね。

まずは、視点を変えて文章を書くお稽古を
ブログでやっていこうと思うのですよ。

「読みたい」「知りたい」と思わせるには、
背景を濃く書いていく。

私がブロクを書いているのは、私の体験を
知ってもらって、私が身をもって体験したことから、
読者に学んで欲しいことがあるからですね。

悪性リンパ腫になぜなってしまったのか?
パニック発作が起きたらどうしてるのか?

ということは、病気になった本人しか経験が
ないことなので、これが私の強み!

同じ病気で、苦しんでいる人の役に立ちたい!

役に立つために、私のことを知ってもらいたい!
ブログを書いてるけど、読まれない。
だったら、何か他のやり方があるんじゃないの?

自分ひとりで、ウダウダやってるヒマはねェ!

一応、悪性リンパ腫の進行は、ゆっくりなので、
寿命までは時間があるとは思う。
だけど、元気でいられる時間を考えると、
急いだほうがいいよね。

というわけで、面談して即決で、その会社の
出版プログラムを受けることにしたのですよ。

出版エージェントとは、どんな仕事なのかは、
このプログラムを体験しながら書いていきますよ。

なんでも仕事になる!仕事にできるっていうことを
この会社のビジネスモデルから学べる気がします。

本を出版する方向に舵を切るので、お金も時間も
リスクもあるのですね。

世の中に出ていくのは、今は怖い!!