人に言われたから行動するのか?ワタシがやりたいから行動するのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新着記事

言われて行動するか?やりたくて行動するか?

誰かが「これ、面白いからやったらどう?」
と勧めてくれることってあると思うのですよ。

反対に誰かに何かを勧められなくても、ワタシがやりたいと
思って行動することもあると思うのですね。

どっちも行動を起こすきっかけになると思うのです。
どっちの方が簡単に続けられるか?考えてみたのですよ。

続ける必要があるものは、ワタシがやりたいと思えることが必要

小さな頃、そろそろ宿題をやらなければいけないと
思っていた矢先に、「宿題やったの?」とお母さんに
言われて、やる気が失せたことありません?

ワタシは、トレーニングジムで太極拳をおしえていたことが
あるのですが、ジムで太極拳をおしえるとジムの方が
集客を手伝ってくれるので、とてもありがたかったのですね。

ただ、この場合「ジムの人に勧められたから太極拳をやる」
という構図なので、1回体験しただけで続ける方は、
ほとんどみえませんでした。

多くの人は「太極拳はむずかしい。私には無理!」ということを
言ってみえました。

自分が本当にやりたいわけではないので、
何か障害があったら、すぐに辞めたくなるわけです。

頑張らないと続けられない、続けるには努力が必要なことは続くか?

頑張らないと続けられない、続けるには努力が必要なことを
続けるのは、けっこう大変だったりしますよね。

仕事などは「仕える事」と漢字で書くように、
会社というところに「仕えて」「事を行なう」わけですから、
続けるのは、けっこう大変だと思いません?

やりたい仕事をやっているなら、まだ続くかもしれませんね。

多くの人は「やりたい仕事」ではなくて「お金を得るための仕事」
「ライフワーク」ではなくて「ライスワーク」をしているわけです。

食べていくために仕事をしている。

だから、続けるには頑張らないといけないし、
続けられる努力、例えば、たまったストレスを発散するために、
美味しいものを食べるとか、お酒を飲んで愚痴を言うなんてことが
必要になってくるのかもしれません。

努力不要論の三段論法

脳科学者の中野信子さんが書いている努力不要論という本が
あります。

そこに成果を出すために必要なことが書いてあるのですね。

真の努力というのは本来、成果を出すために必要な、

①目的を設定する、

②戦略を立てる、

③実行する、

という三段階のプロセスを踏むことです。

中野信子さん著 努力不要論より引用

人に言われて行動を起こすと、この三段階のプロセスが
ありません。
③の実行するだけしか無いのですね。

これでは、当然、成果は出ないというか、そもそも、
何のためにやっているのかが、自分にわかりません。

人に言われて行動を起こす、言われたから「やる」では、
努力をしようという気持ちも起きないかもしれませんね。

先ほどの「宿題をやる」という場合に置いての目標は、
明日、学校の授業の前までに宿題が終わっている。
ということになるでしょうか?

戦略はどうしたらいいかと考えると、
明日の学校の授業の前までに宿題が終わっていれば
良いわけですから、完璧に終わっていなくても、
そこそこ、終わらせておけばいいと思っていたとします。

だったら、ちょっとやりたいゲームをやったり、
動画を見て、やりたいことをやってから、
集中できる状態で、宿題をやろうと思っていた
かもしれませんね。

ゲームや動画は、自分が本当にやりたいことなので、
後回しにして、先に宿題をやっても集中できないかもしれません。

だったら、先にやりたいことをやって、やりたくない宿題は
あとからやることにした方が、効率が良いと思っていたかもしれません。

ワタシは太極拳を続けてきて、結果的には準師範の資格を
取得するところまできました。

ただ、ワタシが太極拳を続けられている理由の一つは、
パニック障害とか腰痛とか健康維持効果があるように
感じているというのがあるのですね。

これが目標なのかどうかわかりませんが、
長期的には、そっちが重要なのです。

戦略はというと、最初は健康維持のため。
やっているうちに、どうせ続けるならば、資格もとってしまおう
と思ったわけです。

目標と戦略があるので、あとは実行するだけで、
すでに十年以上は太極拳を続けて、今は太極拳を
おしえる立場になりました。

最初から、太極拳の先生になろうと思っていたわけでは
ありませんが、結果として資格を取得して先生になっていた。

やりたいことは自然と努力が続けられるので、自動的に結果が
ついてくるのかもしれません。

反対に、仕事でやりたくないことを続けていても
結果が出にくいことが多いと思いませんか?

これは、残念な努力というか努力の方向性が違うから、
結果がついてこないのかもしれませんね。

まとめ

人から言われてやることは、目的がはっきりしないので、
戦略も立てにくい。
目的や戦略がなくて、行動だけを起こしても、長続きさせることは難しい。
ということですね。

何か行動を起こそうと思った時は、
それが、自分が本当にやりたいことなのか、
ちょっと止まって考えてみると良いかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする